HomePage講座     Yukiの休息所(趣味の部屋)
 2号館トップに戻る
 HomePage講座に戻る
 初級者講座に戻る
次の項目へ>>
<<前の項目へ

 HomePage講座第8回、HTML初級者講座です。

 当講座では、超初級者でも必ずホームページが持てるように、 特殊な方法で、ホームページを作っていきます。

 超初心者を脱出なされた、ファイルのアップロードが出来る方を対象に、初級講座を開設してます。
 中級の方には、余計なお世話でしょうが、 まあこんな方法も有るんだ位の軽い気持ちで読み飛ばして、利用できる所だけご利用くだされば結構です。

 既にホームページを運営中の方は、中級編までお待ち願います。

 第8回では、前回の続き、同じ教材の修正箇所を訂正しながら、
 HTMLの特性を紹介していきます。

 では、HTML初級者講座3回目を始めましょうか。

 
 
 
MATA情報の扱い、編集について
ここでは、4行目の、ホームページビールダーで作成したの表記は、意味不明ですが、
その他は、いつでも、この様に書き込んでおきましょう。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
  シフトJISであることを表明してます。文字化け防止。

<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
 CSSの使用宣言、使わない場合でも、問題なし。

追加するなら、
<meta http-equiv="Content-Language" content="ja">
 日本語ですよ、と宣言します。

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
 Javaスクリプトの使用宣言をしておきます。

検索エンジン対策に、
<meta name="Keywords" content=" ホームページの検索キーワード" lang="ja">
  検索エンジンにキーワードとして教えてやります、 キーワードはカンマ区切りで複数記入可能です。
<meta name="description" content="ホームページの紹介文">
  検索エンジンに対してホームページ内容を教えてあげます。
他には、
<meta name="Author" content="自分の名前">
  製作者の名前を入れられます。
<meta name="copyright" content="著作権表示">
  著作権情報を記載できます。

<TITLE>私の旅行記録・写真集</TITLE>
タイトルは、検索エンジンに、教える情報の最も有効な部分、内容を的確に表すタイトルが望ましい。
 
9行目は、お好きに変更してください。
 
 レイヤー部分
10行から16行は、タイトル画像なので、特に問題なし
17行から26行は、タイトルバックの画像、 この画像を変更する場合は、26行目にあるファイル名を新ファイル名に変更するのが簡単でお勧め、
 17行目で、表示位置を、上0px、左0pxに設定すると、 レイヤーを左隅一杯に隙間無く表示出来るんです。
27行から、本文が載っているレイヤーが有ります。
 ここには、「visibility : visible;」の文が入る場合があるが、これがあると、 表のサイズ調整が上手く行きません、もし、この部分で見つけたら取ってしまいましょう。
本文は、このレーヤーに載っていて、37行目から始まってます。
 
 表のサイズ調整、其の1
このあたりで、表全体の大きさを調整していますが、
横幅1000pxなのに、51行目で990pxに指定しています。
 実質は、その他の部分が1000pxの指定なっているので、この設定は、無視されてますが、 1000pxに書き換えておいた方が良いかな。
54行目に、clospan="2"のタグが残ってしまってますが、これは、消して良いでしょう。
 
 メニューの行を追加するには
これが、メニュー3組分、何処から、何処まで、たとえば、165行から173行で一組ですね、 この範囲をコピーして、174行の前に貼り付ければ良いわけですが、 空白部分を含めてきっちり一組が大事な事、上手くできると表示が変化しません、お試し下さい。
これで、修正可能な部分を総て紹介した訳では有りません、まだまだ、 省略可能な部分は多数有りますが、小生はこの程度に留めて置く場合がおおい、 余り突き詰める事はしません、後で修正がしやすい程度に留めるのが良いでしょう。

これが、出来たら、初級者は卒業、次はHTML基礎講座中級編ですね、其の前に、 HTML基礎講座初級編を一読して置くと取り組み易いですね、では、また、お目にかかりましょう。